たかが履歴書 されど履歴書 履歴書でどうアピール出来るかがポイント

履歴書から読み取る人柄

よく書道家の方なんかが「字はその人の心を表す」と言います。
普通の人からしたら「ハッ、何それ?」となりそうなものですけど、私個人的にはそれが何となくわかるような気がします。
というのも、他人が書いたものからその人の人柄が何となく読み取れたりすることがありますので…それが1番顕著なのが、履歴書なんじゃないかなと思うのです。
会社での立場上、アルバイトで入ってくる子の履歴書に目を通すことがあります。
その履歴書の記載内容から、何となくアルバイトの子の人柄が読めることがあるのです。
そしてそれはそこそこの確率で当たったりするので、今回はその読み取るポイントをいくつかお話したいと思います。

まずは単純に字のキレイさ。
字がキレイな子というのは大体がきちんとしたしつけがされています。
例えば親が書道教室に通わせていたりとかですね。
そういう所ですと姿勢や礼儀なんかを教えてくれますから、両親がその辺を重視していた、ということになります。
次に字面そのもの。
角張っている字ですと真面目で、丸い文字だとちょっと幼い部分が残っています。
書き殴りですともう明らかにやる気がないな、という気がします。
最後に内容ですが、これはもう単純に内容が薄いかどうかですね。
きちんと書き込まれているならやる気はありますし、薄い内容ならそんなにやる気がないのかな、と思います。
以上3点が私が履歴書から人柄を読み取る際の見るポイントです。
例えアルバイトであってもやはり良い人材に入って欲しいものですし、長く勤めて欲しいですからね。
このポイント、採用に至る1つの判断基準にはなるかと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です