たかが履歴書 されど履歴書 履歴書でどうアピール出来るかがポイント

マニュアル外のこと

世の中にはマニュアルのないもの、というのは結構あるものですが、逆にあってもあまり役に立たないもの、というものもあります。
今回はその中の1つだと思っている履歴書の話です。
就活なんかでよくあるマニュアル本の中には履歴書の書き方のようなものもありますよね。
それってアルバイトの応募にも使える内容ではあるんですけど、個人的にはあまり役に立たないものだと思っています。

というのも、確かに中身の書き方のポイントなどについてはその通りではあるんですよね。
言い方を変えれば当たり前のことしか書いていないワケです。
となると、他の人と差をつけるためには、これもまた単純な話ではあるんですけど、マニュアルに書いてないことをすればいいワケです。
ま、あまり逸脱するのもどうかとは思いますけど。
具体的には例えば「内容はできるだけ簡潔に」と書かれていましたら、簡潔よりも具体的に書いてみるとか、ここは面接時に話せばいい、というような部分に関しても着目してみてより深く面接官が突っ込めるような仕掛けをしておくとかですね。
私の経験上、内容としては真面目なものでも、どこか1か所穴を作っておいて、面接官が話しやすい、突っ込みやすい状況を作っておいた履歴書の方が採用率が高かった気がします。
ある意味、それが個人的なアピールポイントにもなります。
一応、これは私の経験上の話ですのであまり真に受けないで欲しい部分もあるんですけど、まぁ1つの参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です