たかが履歴書 されど履歴書 履歴書でどうアピール出来るかがポイント

履歴書書きの3つのポイント

夏と言えば学生は長期休暇がありますが、大学生や高校生の中にはこれからアルバイトを始めようと思っている方も多いかと思います。
アルバイトを始めるとなると履歴書が必要になることがほとんどだと思いますので、その書き方のポイントをいくつかお話したいと思います。
まぁオッサンのおせっかいだと思って聞いて頂ければ。

まずは当然のことから。
「字は丁寧に」です。
字面からその人の心ってのは存外見えてくるものです。
がんばっても字が汚い、という方もいるかとは思いますけど、丁寧に書こうとする姿勢というのは存外見えるものですので、そこはしっかりと丁寧に書くように心がけて下さい。
次に内容ですが、「できるだけ簡潔に」。
自分をたくさんアピールしたいというのはわからなくもありませんけど、それも度を越すとただ鬱陶しいだけになってしまいます。
ですので、志望動機などの記載内容はできるだけわかりやすく。
必要であれば面接の時に付け加えるのもいいかと思います。
最後にこれも当たり前なんですけど「嘘は書かない」。
自分を良く見せたい、とにかく採用されたくても嘘だけはいけません。
雇う側に大きな不安を与えてしまうことになりますし、何より自分のイメージが大きく下がります。
損をすることしかありませんので多少自信がなくても正直に書くのが一番です。
以上3点が私の思うポイントです。
なぜこんな話かと言いますと、甥っ子が最近アルバイトをしたいと言い始めたそうで、その予行演習ついでと思って頂ければ。
それでは高校生、大学生の皆さん、がんばって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です